2018年10月09日

サスライメイカー復活ライブを終えて

DpCalZAV4AEDnpA.jpg
10/8は、サスライメイカーの、一夜限りの復活ライブでした。
懐かしかった〜。

ブログとかWeb日記を遡ってみたところ、
私がサスライメイカーのサポートキーボードをやっていたのは、
2006年くらいから2011年くらいの間でした。
その後、サスライメイカーは2012年に休止して、
6年ぶりに、(1夜限りの)復活ライブをしたという流れです。

今日はちょっと備忘録的に、昔話を。



そもそもは、15年前の、2003年のこと。
大学のサークルで、一緒にMr.Bigとかやってた、馬場さん(ドラマー)から連絡があり、
彼がサポートをしている、野亜研司さんが、キーボーディストを探しているんだけど、
と、お誘いを受けました。

自分はまだまだ、バンドやアーティストのサポートもやり始めた頃だったし
野亜さんのワンマンライブは、その前も見に行ってて知ってたし、
人気のある人だなぁと思っていたから、挑戦と思ってお受けして
「野亜組」なる名目の、サポートバンドのメンバーになったんですが。
今思えば、あの「野亜組」ってのは、誰命名なんだろ?

それはさておき、最初の野亜組のメンバーは、
・ベースが、後のサスライメイカーの元メンバーたがみん
・ドラムは、furaniライブでもたくさん叩いてもらっている、兄ぃ
でした。一本だけ、4人でライブしたっけかな。

そのあとすぐ、
・ギターに、兄ぃの弟でもある、みつをくんが参加。
みつをくんも、後のサスライメイカーのメンバーです。

数年間の間、野亜さんと野亜組4人、たくさんライブしました。
地方にも行ったし、色々学びました。
未だに野亜組のメンバーは、自分の中で、特別な仲間感覚があります。

そんな当時、野亜さんがよく対バンしていた「YS-11」のギターボーカルとしさんが、
新しく始めたバンドが、サスライメイカーでした。
確かはじめは、ギターのみつをくんが手伝っていたみたいなんだけど
私も2006年から手伝うようになって、
いつのまにか、野亜組全員がサポートメンバーになっていました。

サスライメイカーでもたくさんライブをしました。
名古屋も何度も行ったし、レコーディングもいくつもお手伝いしたし
遠征で、集合を12時間勘違いして新幹線で追いかけたこともありました(爆)
おばあちゃんが死んだときや、引っ越しのときは、
としさんと、兄ぃが一緒にうちに弔問や手伝いに来てくれたこともあって
恩もいっぱいあります。

その後サスライメイカーも、メンバーが抜けたり、
サポートメンバーがメンバーになったり、
サポートメンバーも入れ替わったり、いろいろいろいろあって
2011年の最初の頃、私もサポートから抜け、
サスライメイカー自体も、2012年には休止になりました。

でも、一夜限りの復活ライブってことで、としさんから電話をもらった時は、
他にキーボーディストはいたのに、私に声をかけてもらったことがすごく嬉しくて、
ふたつ返事でOKしたわけです。


活動休止、解散。世の中には、腐るほどよくある話ですが
必死で音楽にすがりついて、ものすごく頑張って頑張って頑張って
それでも、なかなか続けていくことはできないんです。
バンドをやめるだけでなく、音楽も続けられなくなる人もいます。
体調のこと、お金のこと、売れないこと、理由は色々。

自分から見ると、周りから、どんどん仲間がいなくなっていきました。
みんなが人生のコマをひとつずつ進めて行くのに、
結婚もできず、子供もできずに、変われなかった自分。
20代から30代の大事な時期、女性としての幸せを犠牲にだってしたのに、
未だに売れもしないで苦しんでいる自分への、
後悔と焦りと、惨めな気持ちも、ふとした時にいっぱい湧いてきます。


一夜限りの復活ライブは、とても楽しかったし、メンバーも楽しそうだったけど、
同時に私は、正直とっても悲しかったです。
「いつしか僕らが思い出に変わっても」って歌詞が、最後の曲にあって
もう、思い出に変わってしまったのかなって、
あの頃がんばっていたのは、一体なんだったんだろうとか思ったら悲しくて。
帰り道はひとりで、涙がぼろぼろ。
メンバーの前では泣かないよ。


なるべく赤裸々に、自分の気持ちを書きましたが、
なんだか暗いし取りとめもなくなってきちゃったので、このへんにします。
別に落ち込んでないです。とっても元気。
でも正直な気持ち。

もっと迷いが断ち切れるようになりたいけど、
やっぱり一歩一歩、迷いながら生きてます。

当時何度も弾いた曲は、7年ぶりとかに弾いても、ほぼ記憶に残っていて
むしろ7年ぶりだなんて信じられなかったし
10年後とかでもいいから、また復活ライブがありますように。
そしたら、思い出に変わってしまわないで、
ちょっと押入れにしまっておくだけになる。
それまで、みんな元気に、それぞれの人生をがんばるだろうから、
私もがんばる。
posted by furani at 00:00| 日記