2020年05月12日

エレクトーン(D-DECK)と、XGについてD

信じられないことが起こったのだが…

MIDIデータの頭のエクスクルーシブメッセージを、ただシンプルに

XG ON
EL ON
SEQ ON
リズムスタート

のみにすれば、無事エレクトーンのリズムがスタートした…!!


どうなっているんだ…この間は演奏データのフォーマットが異なるとか、
ぶつぶつでていたのに…
なにか間違っていたのかしれない。

気を取り直して、



これは、本体のリズム・SEQと同期する、
XGサポート演奏を用意する方法。




頭に入力するエクスクルーシブメッセージはこう。


F0,43,10,4C,00,00,7E,00,F7 XG ON
F0,43,70,70,73,F7 EL ON
F0,43,70,78,41,61,01,F7 SEQ1 ON
F0,43,70,78,41,62,01,F7 SEQ2 ON
F0,43,70,78,41,63,01,F7 SEQ3 ON
F0,43,70,78,41,64,01,F7 SEQ4 ON
F0,43,60,7A,F7 リズムスタート


SEQ1〜4は必要なだけONにする。
エクスクルーシブは少しずつ間隔をあけて入力。
2小節頭にリズムスタート。



★頭のエクスクルーシブ.png


で、これだと、本体のレジスト情報が紐付けされていないので
以下の操作をして、XGソングを普通のソングにする。



上記のエクスクルーシブなどを入力したファイルを
TEST.midとする。

【PC】
USBメモリ内の「テストフォルダ」にTEST.midをコピー

【D-DECK】
USBをD-DECKへ
「テストフォルダ」の中身はこんなかんじ
IMG_4850.jpg

空白のところを選んで
赤マル押して録音(短くてOK)
IMG_4851.jpg

SONG_001が作られる
IMG_4854.jpg

【PC】
USBメモリをPCで見ると
こんなふうになっている
スクリーンショット 2020-05-12 18.16.39.png

TEST.midを
SONG_001フォルダに移動させ

ELS_SONG.NAMを書き換える。
(テキストエディタで普通に開けて、編集できる)
スクリーンショット 2020-05-12 18.27.08.png
↑MDR_000.MIDを

TEST.MIDに変える。
スクリーンショット 2020-05-12 18.27.57.png

【エレクトーン】
さきほどの「テストフォルダ」内を見ると
SONG_001 になっている。
IMG_4855.jpg

これが、TEST.midが
XGファイルから、ソングに変わったもの。
ここに、レジスト編集でレジストの上書きが可能。

※MIDIファイルの名前には、日本語を入れるとうまくいかない。

posted by furani at 18:35| 日記

エレクトーン(D-DECK)と、XGについてC

DDK-7の取扱説明書の、MIDIデータフォーマットで
色々わからなかったところを調べている。
他の機種の取説やいろんなサイトを参考にした。
16進数.png
そもそも16進数もすぐわかんないし…。


使えたエクスクルーシブメッセージいくつか。


▼GMマスターファインチューニング

F0,7F,7F,04,03,00,00,F7 -100セント(半音下)

F0,7F,7F,04,03,45,3A,F7 A=438.0
F0,7F,7F,04,03,3D,3D,F7 A=439.0
F0,7F,7F,04,03,00,40,F7 A=440.0(デフォルト値)
F0,7F,7F,04,03,42,42,F7 A=441.0
F0,7F,7F,04,03,03,45,F7 A=442.0
F0,7F,7F,04,03,44,47,F7 A=443.0

F0,7F,7F,04,03,7F,7F,F7 +100セント(半音上)




▼GMマスターコースチューニング

F0,7F,7F,04,04,00,34,F7 -12

F0,7F,7F,04,04,00,3E,F7 -2
F0,7F,7F,04,04,00,3F,F7 -1
F0,7F,7F,04,04,00,40,F7 ±0(デフォルト値)
F0,7F,7F,04,04,00,41,F7 +1
F0,7F,7F,04,04,00,42,F7 +2

F0,7F,7F,04,04,00,4C,F7 +12
(16進数で40Hを基準に1半音ずつ)




▼XGマスターチューニング

F0,43,10,27,30,00,00,00,00,00,F7-100セント(半音下)

F0,43,10,27,30,00,00,45,3A,00,F7 A=438.0
F0,43,10,27,30,00,00,3D,3D,00,F7 A=439.0
F0,43,10,27,30,00,00,00,40,00,F7 A=440.0(デフォルト値)
F0,43,10,27,30,00,00,42,42,00,F7 A=441.0
F0,43,10,27,30,00,00,03,45,00,F7 A=442.0
F0,43,10,27,30,00,00,44,47,00,F7 A=443.0

F0,43,10,27,30,00,00,7F,7F,00,F7 +100セント(半音上)





▼エレクトーンエクスクルーシブ / MIDIパラメーター
F0,43,70,78,44,hh,mm,ll,…,F7


リズムシーケンス(F7の前を00にするとOFF)
F0,43,70,78,44,13,01,00,01,F7 SEQ1 ON
F0,43,70,78,44,13,01,01,01,F7 SEQ2 ON
F0,43,70,78,44,13,01,02,01,F7 SEQ3 ON
F0,43,70,78,44,13,01,03,01,F7 SEQ4 ON





▼エレクトーンエクスクルーシブ / テンポ
F0,43,70,70,40,50,TL,TH,F7

テンポと数値の対応表
テンポエクスクルーシブ対応表.png

THのほうは、たとえばテンポ[120]なら、その1/4の数[30] →16進数で【1E】
TLのほうは、 00 20 40 60と増えるごとにテンポが 1 あがる
120なら TLは00 THは1Eで

121なら TLは20 THは1E
といった仕組み。

テンポ120ならシステムエクスクルーシブメッセージは
F0,43,70,70,40,50,00,1E,F7

posted by furani at 15:39| 日記