2016年06月22日

しあわせ

今日は、ゆかいな仲間たちとジョイポリスに遊びに行ってきました。
人様が、働いてるのに、遊びに行くことの背徳感と戦いながら。
たのしかったです。でもちょっと乗り物酔い。

行く時に、ツイッターに、「遊ぶためにがんばったからいいのだ!遊んでくる!」とかつぶやいたんだけど
とくに、女の子たちの同意がずいぶん得られてびっくりしました。


いつも自分は「自分だけがいい思いをしちゃ悪い」とか、申し訳ない気持ちになりがちで
自分が楽しんでくるなんて、伝えづらかったけど
遊んじゃいけないなんて、別に誰も思ってないんだよね。

子供の頃から、賞をとったり、受験に受かったりしても
「賞を取れなかった人もいるんだから」
「落ちた人もいるんだから」
と親や先生に言われて、素直に喜べなかった。
そういう感覚がなんにでもあって、なかなか難しい。


でも、自分なんかが、しあわせになっちゃいけないなんて思うのは、もうやめたいのです。
自分だって幸せをかんじていい。
それではじめて、やっと人の幸せも素直に喜べるのかも。
なんて。

そんなわけで、幸せを感じる練習になりました。w


2004年リリースの、ファーストアルバムの、「泣きたい気持ちで」という曲。
この曲では、最後に
「負けるもんかとか 自分なんかとか
もう思いたくないよ あたしはあたしだから」って歌ってます。
ちょうどその部分、いいとこで音はずしちゃってるけど、オーケストラララ♪ライブの映像。
この曲は、弦楽四重奏にアレンジしました。



2004年の時点でも、そう思っているのに
12年たってもまだ「自分なんか」なんて思ってるのじゃだめですな。
posted by furani at 04:22| 日記

2016年06月21日

♪6/17 EbAk&furaniジョイントライブ@万象房 ライブレポ

unspecified.jpg町田万象房にて、EbAk&furaniジョイントライブでした。
万象房では、EbAkさんがウクレレ教室をしていて、先日発表会におじゃました流れで、今回のライブにいたりました。

万象房のかわいらしいKAWAIのアップライトピアノと、メロディオンと歌で、EbAk先輩とほぼ全編、コラボさせていただきました!

まず万象房に着いた時に、万象房の木川さんが、
「今日はどっちが先にやるの?」とおっしゃったので
「えーと、ほぼ全編、ふたりでやります」と言ったら
「えー!それジョイントじゃなくない?ユニットみたいな感じ?」と、びっくりされました。

そもそも「ジョイント」「ユニット」とはなんだろうか…
と、ジョイント ユニット でぐぐってみたところ
なんか電気のジョイントユニットがでてきただけでした。笑

お越しくださったみなさま、万象房さま、EbAk先輩、どうもありがとうございました!
EbAk先輩には、オーケストラララの宣伝もたくさんしていただいて…
チケットも飛び立ちました。ほんとうに嬉しかったです。;;

♪セットリスト
1.Guava Jam
2.Catch-up Time
3.夕暮れの電車は走りだした
4.ラムネ
5.Sugar
6.Early Spring
7.紫陽花(furaniソロ)
8.共鳴(furaniソロ)
【休憩】
9.花は咲く(EbAkソロ)
10.First-Time Love
11.Honestly
12.Chinese Soup
13.ラバトリーチェ
14.荒川線
15.Body Surfing
アンコール
16.Feel it
17.With You

わたしの曲に、ウクレレで加わっていただいた曲も5曲ありましたが、
ウクレレでわたしの曲を弾くのはとっても難しいらしいです。^^;

今回「ラムネ」はピアノを弾かず、ウクレレだけで歌うという、とってもいい経験をさせていただきました。
動画をアップしてみました!



実は、ピアノを弾かずに歌うのは、自分にとってはチャレンジなのです。
私と同じようにピアノ弾き語りをしている人と話をしていると、ざっくりと、
・歌がうたいたくて、ピアノをくっつけた
・ピアノはひけて、あとで歌をくっつけた
の、どちらかに分かれるけど、私は完全に後者で、鍵盤が先なので、
ピアノを弾かないで歌うなんて、逃げ場がないし、怖くてキョドります笑

でも、今までは、自分が、歌い手というよりは、鍵盤弾きだったり、作曲家だという意識がどうしてもあって
表現の手段のひとつとして、歌「も」歌っている、というスタンスだったけど、
ここ1、2年くらいは、もっとしっかり歌「を」届けられるようになりたい、と強く思ってきていて
楽器を弾かないで歌うほうが、本来は歌に集中できるんだよなぁ…、とも、思っていたので
今回チャレンジさせていただけて、とってもありがたかったです。


daiba.jpgそして、届けるといえば、11月には、オーケストラララライブの3回目があるけど、
1回目のオーケストラララライブは、とにかく死ぬ気でやって、実現することに意義があった。
2回目は、とにかく笑わせたり楽しませることと、もっと音楽的によくすることをがんばった。
今度の3回目では、1回目や2回目のことは、当たり前の手段でしかなくて、
一番届けたいのは、愛とか、心です。
だから、ここ最近は、ずっとずっと「愛」について考えてます。

今まで、ちまたの愛の歌を聞いても、ウソくさいなーとしか思ってなかったけど
(いや、もちろんウソくさい愛の曲もいっぱいあるだろうけど)
自分も、ほんとうは愛を歌いたい。
でも、どうしてもナナメに見てしまうところに葛藤があり
それが、ここのところの、曲が書けないスランプに直結していたのかもって最近気付きました。

けど、数日前、ほんとうに半年以上ぶりに、歌いたいことがぽっと浮かびました。
もしかしたら、長い長いトンネルの出口が見えるかもしれない。
11月にむけて、ひとつ先の自分になれるように、もうちょっと、じたばたします。
posted by furani at 22:25| ♪過去のライブレポート

2016年06月06日

ふらげぴつたてと、万象房ライブのお知らせ♪

先日、KONISHIKIのバンドでお世話になっているEbAkさんと、
ハンドクラフトギターフェスに行ってきました。
作っている職人さんが、それぞれブースを構えて、ギターやウクレレを出品していました。
EbAkさんのウクレレを作っている、Oihata Ukuleleさんが出展なさっていて、まずはそちらへ。

ハンドクラフト。人間の手で作られているってことだよね。
ピアノも、もちろん人の手で作っている部分はあるけど、作っている人の顔は、まぁそうそう見えてこない。
それに、もともとエレクトーン出身だし、いつでも生ピアノのある会場でできるわけじゃないから、生ピアノよりもシンセやエレピを弾くことのほうが、どちらかというと多い。
そうすると、さらに、作っている人の顔なんか見えてこない。メーカーしかわからない。
なので、作っている人の顔が見えるって、羨ましいなぁと思いつつ、色々見ていました。


そんな中で、目に入って、つい足を止めたのが、古楽器工房VIOLさんのブースのヴィオラダガンバでした。
古楽器工房VIOL
http://w01.tp1.jp/~a114739658/viol/

PlanetaryGamba斜_s-thumb-240x320.jpgヴィオラダガンバってこんな楽器です。
はじめて、本以外で見たヴィオラダガンバ。
店主の久保田さんにお話を聞いていると、いろいろわかってきました。
弓で弾き、フレットがあり(ガット弦が巻きつけられてた)、6弦のものが主流で、ギターに似た4度調弦をすることなどなど。

さんざんお話を聞きながらも、さすがに、ヴィオラダガンバは高価で購入できなかったのだけど、
となりにあった、譜面台にとりつけられる、木製の、かわいいいネコ型えんぴつたて「にゃんぴつたて」を購入。

作って後日送っていただくことにして、しばらく待っていたら…
なんと、ふらげのえんぴつたて「ふらげぴつたて」も、一緒に作ってくださいました!
image1.JPG
上がふらげぴつたて、下がにゃんぴつたて。
ふらげ、いろんなとこが丸くてめんどくさいデザインなのに…!
かわいくないですか…!かわいいよね!

ペンをふたつ挿すとこんなかんじ。
image2.JPG
やっぱりかわいいよね!
穴の大きさも、愛用のフリクションにぴったり合うように加工してくださって、感激です。
これから、いろんな現場に一緒に連れていきたいと思います。
どっかに忘れてこないようにしないと…!(ホントに!)

古楽器工房VIOLさん、ありがとうございます!
もっかい宣伝しちゃう。
古楽器工房VIOLさん
http://w01.tp1.jp/~a114739658/viol/


そして、EbAkさんとのジョイントライブがまもなく!
【日程】6/17(金)
【タイトル】EbAk & furaniジョイントライブ
【会場】町田 万象房
【時間】19:00 open / 19:30 start
【料金】3000円 ワンドリンク付き
【共演】EbAk

アルバムリリース間近の、EbAkさん。アルバムにも、furaniは鍵盤で参加させていただいてます。
このライブでは、EbAkさんのサポートで鍵盤を弾くのと、
furaniのいつもの曲にも、EbAkさんに加わっていただいて、コラボしようと思ってます。
いっぱい弾くので、ぜひ遊びにきてください!
ウクレレと、万象房のやわらかいアップライトピアノの音色は、相性ばっちりです。

最近furaniはよく、ハワイアンライブをやっているし、ウクレレが入ると、ハワイアンかな?と思われるかもしれないですが
これはハワイアンライブではないです。お互いのオリジナル曲がいっぱいです。

たま〜にわたしも、ヘタクソながらもウクレレを弾いて歌うことがありますが
ウクレレは4本しか弦がないし、とても小さな楽器で、
でも、ポロンと音が鳴ったら、あっという間に波音が聞こえてくるかのような、素敵な楽器で。
ピアノとコラボするなら、ピアノは、ずいぶん高い音から低い音まで出てしまうから、
どうやったらウクレレの音色を100%活かせるか、すごく勉強になるのです。
あと、メロディオンとウクレレのDuoも、とってもゴキゲンで、大好きです。
新しい試み、ぜひ聴いていただきたいなぁと思ってます。


今回、万象房にお電話してご予約いただいてますが
furaniにメールなどいただいたら、わたしから電話しておきますので、それでもOKです!
posted by furani at 09:48| 日記