2015年10月08日

トラウマと、本音と、最近の私と、昔の話。

ひさしぶりの、音楽あんまし関係ないブログです。

先日のMANDALAライブなのですが。
大学時代の恩師である、難波弘之先生が、なんと見に来てくださっていました。


実は、難波先生は、大学時代にも、一度ライブを見に来てくださったことがありました。
その頃はまだ自分も、バンドに参加する形でしかライブをしたことがなかったので、とあるバンドで鍵盤を弾いていたのだけど…
その、あまり、
演奏がよろしくなかったようで…


先生、途中で帰ってしまわれました。(爆)

後日、「あなたの演奏が悪かったわけじゃないんだけど、バンドがね、ごめんなさいね」
と言ってくださいましたが
私の中ではかなり、トラウマになってました…。

で、15年ほどの時を越え、再び見て頂く機会に恵まれ。
今回は、最後まで見ていただけたので、ほんとによかったです。
先生にもそのことをお伝えしました。
ひとつだけ、自分のトラウマを消すことができました。



思えば、昔からたくさん失敗をしてきて、いろんなトラウマがあります。

自分はほんと、ダメダメな人間でした。

小学校低学年の頃なんかは、知的障害でないかと思われるほど発達が遅かったし、
忘れ物グラフの伸び方はいつでも、男子を追い越してクラス一。
保健委員チェックの、ハンカチとティッシュとつめ切りはいつもNG。
中学校になっても、不器用でうまく三つ編みができず、生徒手帳の写真は髪ボサボサ。
洋服のセンスも変だったし、会話も合わなくて、クラスに友達ができなくて、
IBS(過敏性腸症候群)っていうオナラのでる病気になって、クラスではくさいと避けられ、よけいに友達がいなくなった。
高校生になってバイトをしても、教えてもらう通りのことが全然できなかった。
はじめてきちんとした音楽の仕事を頂いた時も、
本番前に楽屋で寝ていたら、誰も私に気づかずに本番が始まり、1曲削らせるハメになったり。
楽屋で、そんな格好全然変だから、これを使いなさいとメインの人に怒られたこともあるし、メイクもめちゃくちゃだった…


だんだん声がちいさくなってきます(笑)
ざっと思い返しただけでもすらすら出てくるし、まだまだ、いっぱいあります。
なんども、私はホント馬鹿で、どうしようもないって
頭も顔も全部、誰かと取り替えたいって思ってました。


でも、色々、知らなかっただけでもあって。
なんで忘れ物をしちゃいけないか、どうしたら忘れないかを知らなかっただけ。
三つ編みだって慣れたらできたし(未だに髪をいじるのは得意ではないが)、髪の毛のムースを売ってる場所を知らなかった。
洋服もどこで買えばいいか知らなかった。
バイトも、2軒目からはきちんと仕事をこなせるようになったし、音楽の仕事も、どうやったらミスをしないかわかるようになった。
メイクも、いったんとことん濃くすることを覚えたら、人並みにできるようになった。


普通は誰も、そんな基本的なこと教えてくれない。

でも、時々教えてくれる人もいる。
あれはまだ大学時代、小岩のM7でライブをして、打ち上げ会場に財布を忘れて終電を逃した時ことがあった。
近くのM系のスタジオで働いてる知り合いがいたので、スタジオのロビーで寝かせてもらった。
その時、自分がいかに忘れ物が多く、うっかりしているかをがっつり落ち込んで話していたら、
「全部書けよ!持ってくものでも、これからしようとしてるものでも、全部書け!」

と怒ってくれた。
それから全部書くようにしてます。ノートは友達。


なんだか話がそれてきたけど、自分がいかにダメか、自分はよくわかっていて。
自分がダサイ、キモイとも、ずっと感じていて。
だから、人にうざがられないように、とにかくさっぱりしていようと、20代くらいからずっと思ってきました。
すごくあなたのことが大事と思っていても、言わない。
むかついても、自分の中で消化して、言わない。
そのほうが、自分のダメなところもバレないし、ずっと適度な距離を持って接していられるし、仕事として割り切ることもできるし。

でもなんかもう、強がるのは疲れちゃったし
普通に、だめなやつ、めんどくさいやつと思われてもいいから、
無理をしたくないし、本音で話したい。

自分、極端に照れ屋なので、本音で話すのが苦手なのもありますが
なんか、これから、めんどくさいやつになったり、ダメなところをいっぱい見せちゃうかもしれないけど
自然体でいたいなって思うようになりました。

image2.JPG
本来、女性って、理論じゃなくて、気持ちや感覚の生き方をしても良い気がするのです。
でも自分は、自分を押し殺すことで、理論で生きていた感じがする。
もっと、しあわせ〜!とか、うれしい〜!とか
恥ずかしがらずに自分を解放できるようになりたい。

生まれてから、「女性に生まれてよかった」と思えたことなんてなくて、損してばっかりだと思ってきたけど
せっかくだから、よかったと思えるようになりたい。
最近はそう、強く思ってます。
しあわせって結局、自分がしあわせと思うことがしあわせなはず。
すみません、なんか変な自分語りみたいになってしまった。
たまには自分自身を見直すときもあります。


そうそう、15年以上前に作った、IBSのサイトがまだあります。
こちらです。
今になってはもう、パスワードがわからないから、消すことも更新もできないんだけど、
トップページの三角帽子のこびとくんが、ずっと守ってくれていました。
もし過敏性腸症候群の方がいらしたら、よかったら見に来てくださいませ。
posted by furani at 13:32| 日記

2015年10月07日

♪10/6 南青山MANDALAライブレポ

IMG_0265.JPG
南青山MANDALAライブ、お越しくださった皆様、ありがとうございました!

Guitar 宮崎大介
Percussions 中村哲也

♪セットリスト
1.星めぐり
2.カップラーメン
3.いつか玉子様が
4.くじらの夢
5.私は自転車
6.夕暮れ小路
7.ラバトリーチェ

大好きなトリオでお届けしました。
今日はちょっと長めに書きます。

IMG_0230.JPG

もう20年近くも、ずっと目標にしてきた大塚利恵さんとの初共演。
それがはじめて利恵さんのライブをみたMANDALAで、かなったこと。
当時の自分に、「共演できたよ!」って教えてあげたいです。
ほんと嬉しかった!!
ステージ上では、先輩とは呼ぶなと言われてたので、言わなかったですが、(最後は言ってたが)
大学の大好きな先輩なのです。

karutaさんも透き通った声で素敵だったなぁ。そして顔が小さかった…!私の半分くらい。
かわいかったー。

こんな素敵な夜に、私も演奏できたことがとっても嬉しいです。
私なんかが、こんなところで、こんな日に歌わせていただいていいのだろうか。
終わったのに、まだそう思ってます。
ふふ、でももうやっちゃったもんね。


「いつかの、この日」というライブタイトルが付いていましたが
わたしにとっての「いつかの、この日」は
MANDALAに利恵さんのライブを初めて見に来た日、でした。
それから、手帳にも、MANDALAでライブをすること、いつかワンマンをすることを、目標にしてきて。
ワンマンは去年だったから達成に10年以上かかったけど、その夢が叶って、有難いことに健康にも恵まれ、ずっと音楽を続けていること、
応援してくださる方がいること、助けてくれるひとがいること。
とてもありがたいことだと、ひしひしと感じました。

IMG_0262.JPG
そして今回のトリオ。
ライブ中も、MCで言いましたが
一緒に演奏しているだけで、癒されるんです。

ちゃんと一緒に、音楽を作れている感じがすること
つい感覚と理論を混ぜてごちゃごちゃに話しがちな、自分の会話が通じること
とってもいい人たちなこと。

だからとっても癒されながら、お届けしていました。


今回は、私の中で目標がありました。
「誰がなんと言おうと、私が気持ちよいように、私が楽しいように歌う」
という目標でした。
結果は、その点だけなら80点でしたが
録音聴いたらヘッタクソ!(笑)
自分の声質がまず全然好きじゃないなぁ。
でももう、そればっかりはどうしようもないからな。

うまく歌えなくてトラウマになっていた曲にも、密かにチャレンジしました。
(どの曲かは内緒)
こちらも、トラウマだけは払拭できた感触がありました。


最近、もがき苦しんでいた時期をやっと超えて、もっとのびのびとできるようになってきたので
ライブがとっても楽しみです。
自分の作った曲達も、ちゃんと可愛がれるようになってきました。
あー、楽しかった。
でもものすごく疲れて、翌日の今日はほぼ、廃人です…。

次はワンマン!がんばるぞー。

サウンドチェック前の様子。↓
image1.JPG
posted by furani at 21:06| ♪過去のライブレポート

2015年10月02日

★ふらpressivo piano炒め Night!★

★情報解禁★
furani&小川徹 コラボワンマンライブ
「ふらpressivo piano炒め Night!」
2016年1月23日(土)

会場 荻窪クレモニア
17:30op 18:00st
チケット3000円

超絶パワフルピアノ弾き語り、小川徹氏との、2台グランドピアノライブです!
じつは2台グランドピアノのライブ自体、やるの初めてです!
これからじょじょに色々決めていきますよー。
posted by furani at 00:44| ★今後のライブ情報★